読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やかんと鍋と日記と

ぐうたらと生きる。

やりたくない仕事で残業するくらいなら。

残業が多くなる時期になった。

繁忙期だ。
4月から12月まで、アホぐらい暇だったのが一転しての忙しさである。今年度の実績を上げるため、躍起になっている課長が職員の仕事状況を鑑みずに仕事をバンバン入れていく。私たちは少し課長を恨みながら、それでも黙々と作業に徹する。

ガタンッ、トンッ、ウィーン、ギャアァァァ、トンッ。これは木材を機械で切る時の音だ。これを延々と繰り返す。退屈といえば退屈だか、最近はそれほど嫌な気もしない。心が無になるからだ。しかし、残業までくると何だか疲れがグッと高まってくる。17時までだと思い、頑張ってきたのに、まだあるのかと思うと気が遠くなる。

とはいえ、ウチの会社だと残業は最長で2時間程度だから、まるで大したことはないのだろう。そう考えると世のブラック企業が恐ろしくなる。やりたくもない仕事を延々とやらされるというのは、まるで遠い昔の奴隷たちを想起させる。

しかし、私はやりたい仕事なら、残業もそれほど苦痛には感じないのではないかと思っている。残業を馬鹿みたいにやらせるブラック企業は悪である。この認識には異論はない。でも、そこに目的意識が重なれば、仕事に充足感を感じられるのではないかと思うのだ。結局、私たちの人生の中心は仕事だ。ならば、残業が多くてもやりたい仕事をした方がお得だろう。




だから今、私は転職活動の真っ只中だ。





ウチの会社では、今年は臨時職員が2名退職することになっている。どちらの職員も戦力として、申し分ない働きをしていたから、ウチの課としてはかなりの痛手を受けることは間違いない。そこへ、私の退職が重なれば、工場が全く機能しなくなってしまうこともあり得る。

でも、だからといって転職を諦めるという考えには至らない。なんせ私には時間がない。もう25歳で今年26になる。新しいことを始めるなら、今しかないのだ。

だから、奴隷のようにやりたくない作業を続けることを辞め、やりたい事で取り憑かれたように仕事に取り組みたいと思う。