読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やかんと鍋と日記と

ぐうたらと生きる。

大蛇が山から下りてくる

追いかけられる夢をよく見る。

追いかけてくるのはいつも猛獣で、私はいつも死にものぐるいで、ソイツから逃れようとしている。そんな夢を連日見るもんだから、正直しんどい。朝から心臓がバクバク音を立てるため、休日の朝だというのに気が休まらないのだ。

今日も朝5時に夢で無理やり起こされることになり、心にモヤァッとしたものを抱えながら、活動を開始することとなった。

取り敢えず湯を沸かす。
昨日、夜遅くまでカラオケに行って、帰ってくると倒れこむように眠りについてしまったのだ。

そして、風呂に浸かりながら、改めて今日の夢のことを考える。










私はそのとき、実家の庭にいた。
実家は周りをぐるりと山に囲まれた小さな集落の中にある。

その周囲の山の奥の方から、けたたましい音が響いてくる。






バキバキバキバキ、ズザザザザザザ、ベキベキベキベキ、ゴリゴリゴリゴリゴリゴリ








全ての音がない交ぜになり、聞こえてくるもんだから、耳がどうにかなりそうだ。

そして、その音の根源が姿を現わす。山頂に奈良の大仏くらいの巨大な蛇の頭が乗っかっている。そのヘビは舌をチロチロと覗かせながら、しばらく周囲をキョロキョロと見渡す。その後、私を見つけたからか、山の頂点からバキバキバキバキと轟音を響かせながらこっちへ向かってきた。

周囲の巨木たちを物ともせず、薙ぎ倒し向かってくる様は、もはや神々しくも感じられた。

しかし、そんな悠長に構えているいとまはない。私は妻を引き連れ、逃走する。車を使えばいいものの、焦りすぎて走ることを選んでしまった。





夢の中の世界の風景は全くと言っていいほど、現実に則したものになっていたが、私の身体に違いがあった。

夢の中の私は、腕が異様に長いのである。その長さは自分の背丈を超えるほどだった。

走る時、私はその長い腕を前方に伸ばし地面につけ、脚で地を思いっきり蹴りあげ腕を支柱にして飛び上がる。空を舞い、次に地面に着地する場所は、飛び上がった場所から30メートルほど先のところである。


体感的には時速60キロは出ていたように思う。

もしかしたら、進◯の巨人を無意識にオマージュしてしまったのかもしれない(笑)

そんな特殊な走法を用いて、蛇からの逃避を試みる。勿論、妻もこの走法を心得ているから、心配はいらない。

私は死にものぐるいで走った。

この走り方での、体力の消費は半端じゃない。でも恐怖心からか、全然疲れを感じない。

何とか蛇を巻くことに成功。しかし、恐怖と不安で、心臓はまだ早鐘を打っている。





そこで、目を覚ます。



実際の私の心臓も高速度に音を立てていた。


夢占いの世界では、何か壁にぶち当たったときに見るのが『何かから逃げる夢』なのだそうだ。


確かに今、私は大きな転換期を迎えていることから、それは正鵠を得ているといえるだろう。