読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やかんと鍋と日記と

ぐうたらと生きる。

世界の半分

『世界の半分』、これはスマホゲームのタイトル名です


シャドウバーツに近頃、飽きを感じ始めた私がさらなる暇つぶしを求めて、ダウンロードしてみました

このゲームは暇つぶしにはもってこい、悪い言い方をすれば、時間つぶしゲーとも言えるでしょう

はっきり言って、基本作業するだけで、何も生み出しません



でも、何か気になって事あるごとに起動してしまう


そんな魔力を秘めたゲームです





世界観はドラクエのようなもので、いきなり勇者が破竹の勢いで魔物を倒していき、開始1分でラスボスの魔王をぶっ倒します

そこで、勇者は魔王に世界の半分を俺にくれというところからゲームスタートです



そのちょっとしたムービーが終わると、100階建ての塔で魔物を次々と倒していきます

ストーリーとの関連性がよく分かりませんが、勇者はもう半分を征服しようとしているのでしょうか

てきとーにやっていたので、その繋がりが分からなくなりました笑



ゲームスタートすると、勇者たちが勝手に動き、敵を倒していき、どんどん塔を上へ登っていきます

敵を倒すとお金がもらえます

我々ユーザーはそのお金を使って勇者たちをマネジメントするといったところでしょうか

勇者たちのレベルを上げたり、仲間を増やしたりするのが私の仕事です

しかし、やっていくうちに分かるのですが、レベルを上げたり、補助的なパラメーターを上げることにあまり意味はありません

お金を使って、仲間を増やすことで敵をなぎ倒すことができるようになります




だけど、その仲間を増やすためのお金が高すぎる!




魔物をちまちま倒していても一生貯まらないんじゃないかという気になります





そこで現れるのが魔王からのメッセージです



画面右上に何かコウモリみたいなやつがプカプカ浮かんでいます

そいつをクリックすると30秒ほどの広告が流れ、その広告を見ると、莫大な報奨金が貰えるのです




広告は1日ごとに変化するようです



私の場合は、それが出会い系アプリの広告で、私はその広告をアホくらい見させられました



このゲームは広告を見て、仲間を増やし、敵を倒すゲームなんですね



広告がメインになるというはイレギュラー過ぎるようではありますが、最初にも言った通り、このゲーム何か中毒性があります

この中毒性がこのゲームをオススメゲームランキングの上位に押し上げた理由なのかもしれません